スロットカー

大人がハマる!日本でも人気急上昇中のアイテム

スロットカーとは?

スロットカーレーシングは、1960年代に大流行した遊び。
サーキットを模した「溝(スロット)」のあるコースで、市販のプラモデルボディをスロットカー用シャシーに取り付けた、いわゆる電気仕掛けのミニカーを走らせる「遊び」です。
最近では各社からデジタル式のスロットカーが発売されています。
従来は走行車両の数に応じてレーンが必要でコースの外側と内側で有利不利が生じていたが少ないコースでレーンを切り替えることができ、複数の車両が同じレーンを走行できるようになりました。

RCとの大きな違いは、コントロールは「アクセル」のみという所。
単純ですが、大の大人が夢中になるには、やはりそれなりの訳があるのです。
ヨーロッパやアメリカでは、年代を問わず楽しめるホビーとして定着しています。コースも専門ショップに設置された大きなものから、家庭で楽しめるコンパクトなものまで様々。いろいろな楽しみ方がありますよ!

スロットカーは主にスケールモデル(実車に対してほぼ正確なスケールダウンされたモノ)であります。縮尺は1/24、1/32、HO他、と大きさのバリエーションに富んでいます。
1/24は実際の車のプラモデルをボディに使い、シャシーはシャシーメーカーから出ているものを使います。市販されている模型(プラモデル)を使うので、自分の好きな車にシャシーをはめて 走行させるといったことが出来ます。シャシーはフレキシブルなのでほとんどのボディが使える訳です。しかし初めから出来ているわけは無いので、自分でボディを作ったり、シャシーをはめて 調整したりと、実際走らせるまでに時間を要します。
1/32スケールのスロットカーは、ほとんどが完成品であり買ったその場で走らせることが出来ます。(現在の主流はこれです。)車種も変化に富んでおり、 50年代のF1マシンから現代のルマンカーやGTカーなど、レースマニアがヨダレを垂らす珍しい車種もあります。
またそのクオリティも素晴らしくすこぶる良い出来ですので、ディスプレイ用に買う人も多いです。

スロットカーを始めるにはどうすればいい?

コースセットの一例です。

スロットカーを始めるには、スロットカー本体、コース、コントローラーが必要になりますが、各メーカーからスロットカーを始めるのに必要な、スロットカー本体、コース、コントローラーが揃った家庭用コースセットが販売されています。 当店では、スケーレックストリック社のコースセットを販売しています。
コースを設置するスペースは、1/32スケールのコースセットでだいたい3畳ほどのスペースを確保できれば、スロットカーを楽しむことができます。3畳のスペースが無くても、1/64スケールのコースセットも取り扱ってますので小スペースでも楽しむことができます。
更に、コース拡張パーツや、好みのスロットカーを買い足していけばもっと楽しみが広がります。スピード感や抜きつ抜かれつのレースはスリルと臨場感には、きっと驚かれることでしょう。
お子さんと一緒に楽しむ、仲間を呼んでレースを楽しむ、スロットカーはそんな楽しい時間を演出してくれるでしょう。家庭用コースで、その魅力を味わってみませんか?

スロットカーコースセット

↑コースセットは こちらからご購入できます。

取扱いメーカー一覧

メーカー一覧